The 1st Announcement
2008.1.23
2008.2.12(updated)

「これからのアジア人向け人工股関節」国際シンポジウム
International Symposium on Future of Artificial Hip Joint for Asians
- 高齢者・アジア人向けの人工股関節とは -

主催 名古屋工業大学
産業技術総合研究所
協賛 名古屋市立大学
日時 2008年2月18日(月) 13:20〜17:35
会場 名古屋工業大学 2号館3F WY教室 →名工大までの地図はこちら
JR中央線「鶴舞」下車(名大病院口)徒歩約7分
地下鉄鶴舞線「鶴舞」下車(4番出口)徒歩約10分
定員 50名(一般参加者)
開催要旨:人工股関節の長寿命化を実現するためには,原理や理論,基礎技術,評価技術などについて問題点を明らかにし,解決していく必要があります.また現在の人工股関節は,日本を始めとするアジア人に適合しにくいものもあります.アジア人の生活様式や体型は欧米人と異なるため,それらを考慮した人工股関節の開発は必要不可欠です. このような背景の下,本シンポジウムは,医学・工学の研究者および企業の技術者が一同に介して,集中的に議論する場として企画されたものです.人工股関節に関するシンポジウムは2回目の開催ですが,今回は日本だけでなく中国や韓国,台湾より講師をお招きした国際シンポジウムとし,アジア地域の人工股関節技術の動向をご紹介していただき,アジア地域との連携を図ります. ご多忙のところ,大変恐縮ではございますが,皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます.


◆プログラム

13:20〜13:30
開会の挨拶
名古屋工業大学 教授
藤本英雄 氏

 

13:30〜13:40
アジアの人工股関節開発動向
産業技術総合研究所 産学官連携推進部門
産学官コーディネータ
名古屋工業大学 教授
亀山哲也 氏

 今後の高齢化が予想される韓国・中国・台湾・シンガポールでの人工股関節開発動向について紹介する.

13:40〜14:30
R&D of Artificial Hip Joint in China/中国における人工股関節のR&D
Shanghai Jia Tong University
Director of Biomedical Manufacturing and Life Quality Engineering Institute
Prof. Wang Chengtao 氏

 中国における人工股関節利用の現状と課題,上海地域における医工連携について紹介する.CT計測による骨(患部)の3Dモデル化と3Dモデルに基づくカスタムメイド人工関節の設計/製造ならびにその適用例について紹介する.また,3Dモデルによる手術ナビゲーションシステムについて紹介する.
注)現在,入国ビザの発行手続き中です.来日が無理な場合,代理発表か講演中止を致します.予めご了承下さい.
入国ビザの発行手続きが完了したため,予定通りProf. Wang Chengtao氏の講演になります.(2007.2.12)

14:30〜15:00 休憩

15:00〜15:50
R&D of Artificial Hip Joint in Taiwan/台湾における人工股関節のR&D
Yang-Ming University
Joint Prosthesis Technology Research Center, Director
Prof. Cheng-Kung Cheng 氏

 台湾における人工股関節利用の現状について紹介する.台湾における骨計測による人工股関節の設計と生活習慣に合わせた関節の設計と台湾における人工関節技術の企業への技術移転について紹介する.一次性変形性関節症と二次性変形性関節症における髄空形状の特徴とそれらの症状に合わせたステムデザインについて提言する.

15:50〜16:40
R&D of Artificial Hip Joint in Korea/韓国における人工股関節のR&D
Sejong University,
Department of Advanced Materials Engineering and Bioengineering Research Center
Prof. Dae-Joon Kim 氏

 韓国は今後40年間で高齢者人口の割合が日本に次いで大きくなる.また,生活習慣も日本に似ている.今後,韓国人に適した人工股関節の開発は強まると期待される.韓国における人工股関節および関連の材料の研究開発および利用の現状について紹介する.

16:40〜17:30
Market Scale of Artificial Hip Joint in Asia /アジアにおける人工股関節の市場規模
矢野経済研究所 インダストリーテクノロジー本部
執行役員
杉本武巳 氏

 人工股関節に関して,日本人と体型的に類似する中国,韓国,シンガポールの3カ国における現状の市場の概況ならびに人工股関節の市場動向について紹介する.また,これら3カ国における保険制度および股関節置手術の還付規定の特徴について紹介する.

17:30〜17:35
閉会の挨拶
名古屋工業大学 教授
藤本英雄 氏



◆その他
 講演論文集は,英語で作成されますが,日本語での議論ができるように,日本語への通訳を行います.

◆申し込み方法および会費
 会費は無料ですが事前参加登録が必要です.参加登録はウェブページで受けつけています.
参加登録はこちらからお願いします.

◆連絡先
 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 名古屋工業大学 藤本研究室
 TEL&FAX: 052-735-5330 E-mail: isfahja-office@vier.mech.nitech.ac.jp